本業だけではなく、ちょっとした空き時間に内職や短期でバイトをしてみたいなっていう人って多いと思います。ただここで注意をしてほしいのが「所得税」について。あなたももしかしたら払い過ぎているかもしれません!

まず所得税とは正社員やアルバイトなど働く人の身分に関係なく稼いだ金額にかかる税金のことです。1年間のすべての収入が103万円以下であれ非課税となります。しかし厄介なのが源泉徴収です。たいていの場合、勤め先が給与支払いの時に所得税を納税者のかわりに納税しているのです。そのために103万円以下の非課税対象者でも、気づかない間に所得税を払っているというケースがあります。

●あなたは大丈夫?

・短期のバイトや内職であっても月収が88,000円以上ある。

1ヵ月の収入が88,000円以上になると1年間の収入が103万を超えるとみなされて所得税がひかれます。ただ日払いでも給与額が多いと「みなし」で引かれる場合もあります。

・「手当」にご用心
仕事を欠勤せずに働いた人に渡される皆勤手当などは課税対象となります。給与では103万円を超えていなくてもこれらの手当を含むと103万越える場合もありますから要注意です。しかし、通勤手当は非課税対象です。

●所得税を払い過ぎていたらどうすればいい?

年間トータルで計算した時に103万円に達していなかった場合は、確定申告をしてきっちり取り戻しましょう。まずは短期であってもアルバイトをしたのであれば源泉徴収票をもらいましょう。また内職の場合は必要経費が65万円まで認められています。この場合は別に書類が必要になるので税務署に相談に行きましょう。

そして確定申告の為の書類を取り寄せ、記入していきます。初めての場合分からない事も多いと思うので、ネットの情報を見て書いていくよりは一度、税務署や役所で相談に乗ってもらう方がよいでしょう。

手続きが問題なく終了したら、払い過ぎていた所得税は、還付金として自分の銀行口座に入金されます。だいたい1ヵ月ほどで戻ってきますので、最初は面倒に感じるかもしれませんが、きっちりやって得をしましょう!

主婦向け副業関連記事