これから副業を始めようと思っているサラリーマンが勘違いしがちな3つのこと

サラリーマンで、副業を始めようと思っている人は、意外に多いと思います。さらに、副業を考えているサラリーマンの多くが、副業について、勘違いをしているようです。サラリーマンが副業について勘違いをしていることの一つ目としては、副業は特に対策をしなくても、会社にばれずにできるだろうと思っているところです。2つ目は、20万円以下の収入なら、確定申告する必要がないと思っていること、そして、3つ目は、副業で得た収入を、手渡しでもらえば税務署にも、会社にもばれない、と思っていることです。この3つのことは、大きな勘違いで、副業を始める際に特に気を付けたい注意点とも言えるでしょう。

副業を始めるときの、注意点と対策法

サラリーマンの方が副業を始めるときは、会社にばれずに始めたいはずです。会社にばれずに副業を始め、続けていくつもりなら、注意点がいくつかあります。副業のことを周りに話さずに、収入も所得税のかからない20万円以下で、直接給料を手渡しでもらっていれば、会社にばれることはない、と一見思ってしまうかもしれませんが、これでは、逆に会社や税務署に副業がばれてしまうことにもなりかねません。20万以下という基準が必要になってくるのは、所得税のみで、住民税には関係しません。つまり、税金に関して言えば、副業がばれるかばれないかは、副業で得た収入の額は関係ないのです。だから、少ない金額だからと言って、確定申告をしなければ、会社に住民税を通知されてしまう可能性が大きくなってしまうのです。さらに、手渡しで給料をもらっていたとしても副業の勤務先が、経費を落とすことで、もらったお給料の存在は明らかになってしまいます。以上の注意点を踏まえて、これから副業を始めるサラリーマンは、会社にばれずに行うためにも、確定申告はきちんとするということを覚えておきましょう。

主婦向け副業関連記事