会社員として働いている方の中にも、副業を始めたいと思っている方がいるのではないでしょうか?実際に本業の傍らで副業をしている方も少なくはありません。しかし、会社規定によって副業が禁止されているケースもあります。もしばれてしまった場合、何らかの処罰を受けてしまうか、最悪懲戒解雇になってしまうおそれもあるため、そうそう簡単に手が出せないとお悩みの方もいると思います。しかし、ばれずに副業しているケースもあることから、なぜ会社にばれるのか、そんな疑問が浮かんでくるかもしれません。

会社に副業がばれないようにするためには、まず確定申告について知っておく必要があります。会社員が副業で得た収入は、基本的に20万円までなら確定申告する必要はありません。しかし、20万円を超えてしまうと確定申告しなければならず、放っておくと税務署に脱税を指摘され大事になることもあります。ばれないためには1年間の副業収入を20万円以下に抑えるか、確定申告で工夫しなければいけないのです。

では、どうしてばれてしまうのでしょうか?自治体は、確定申告を元に住民税を計算します。この確定申告分の住民税が会社に通知されてしまい、ばれてしまうのです。ほかの従業員より住民税の額が高いことから副業が発覚します。経理がそれを見抜かない可能性もありますが、決してゼロではありません。このため、会社に確定申告の住民税の通知が行かないようにする必要があるのです。

そのためには、確定申告の際に住民税の徴収方法を「特別徴収」にしましょう。まず確定申告に必要な書類を記入したら、住民税の徴収欄を特別徴収にします。これにチェックを付け、申告を済ませるだけです。普通徴収は会社の給料から一緒に引き落す方法のため、ほぼ確実にばれてしまいます。特別徴収は、確定申告の住民税分だけを別に徴収する方法です。特別徴収にすると、副業で得た収入のみの住民税払い込み用紙が自宅へ送られてきます。

主婦向け副業関連記事